【銘柄まとめ】ビジネス支出管理のCoupa Software/クーパソフトウェア(COUP)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

クーパソフトウェア(COUP)とは?

Coupa Software Incorporated Inc./クーパソフトウェア・インクは、ビジネス支出管理(BSM)のテクノロジープラットフォームでSaaS銘柄の会社です。

1月決算で、2016年10月6日にナスダックにIPO(株式公開買い付け)が行われ上場しました。ティッカーシンボルは【COUP】です。

クーパソフトウェアは、以前はOracle(オラクル)で働いていたDave Stephens(デイブ・スティーブンス)とNoah Eisner(ノア・アイスナー)によって2006年に設立されました。

カリフォルニア州サンマテオに本社があり、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア太平洋にもオフィスを構えています。

[スポンサードリンク]

クーパソフトウェア(COUP)の特徴と強み

クーパの事業支出管理(BSM)プラットフォームを導入することで、社内のすべての人やパワーユーザー、サプライヤーなどから発生した、事業のすべての支出管理を1か所で行うことが出来るようになります。

クーパソフトウェアのプラットフォームでは、企業、従業員、サプライヤー、およびパートナーからなる大規模なコミュニティを形成し、一元的な支出管理から可視化されたデータから測定することにより、支出の節約につなげることができます。

クーパのの事業支出管理(BSM)の特徴として、すべてのトランザクションが1つのコード行で処理され、すべてのアプリケーションが事前に統合されているために柔軟で使いやすいことが挙げられます。

小規模事業者よりも、大企業になればなるほど企業内での複雑さが増すためにクーパの強みや重要性が増していくことになります。

同ソフトウェアを導入することで、企業の大幅なコスト削減を達成し、収益性を高めることが可能で「サービスとしての価値」を提供しています。

主な競争相手には、Tradeshift(トレードシフト)、Ariba(アリバ)、Tipalti(ティパルティ)、Ivalua(イヴァルア)などがあります。

クーパソフトウェア(COUP)のIPO(上場)

Coupa Software(COUP)のIPOでは、16〜18ドルの範囲の上限である一株あたり18.00ドルの価格で7,400,000株の普通株式を価格設定した後、35ドルで取引を開始しました。

取引初日の取引では、株価が131%以上急騰する場面もあり、初日の終値価格では約85%の株価上昇し、同社のIPO(上場)は成功しました。

このIPO(上場)では、同社に総額1億3320万ドルをもたらす結果となりました。

今回のIPOは、モーガンスタンレー、JPモルガン、バークレイズ、RBCキャピタル、JMPセキュリティーズ、レイモンドジェームスが引き受けました。

[スポンサードリンク]

クーパソフトウェア(COUP)の業績・決算の数字

クーパソフトウェア(COUP)の業績・決算の数字

クーパソフトウェア(COUP)の業績・決算の数字を見てみると、売上高と営業キャッシュフローが順調に成長しているのが分かります。

まだまだ先行投資が必要な時期ですので、純利益では赤字となっています。

ここから黒字化がいつごろ達成されるかにも注目が集まります。

クーパソフトウェア(COUP)の株価の推移・時価総額

クーパソフトウェア(COUP)の株価の推移・時価総額
(出典:Google finance)

クーパの株価を見てみると、取引開始の35ドルから、現在は300ドルに迫ろうとしています。

ほぼテンバガーですね。すごいです。

そして時価総額は198億ドル(約2兆円)です。

第二次ITバブルとも言えそうな状況で、今後のクーパがどう成長していくかに注目していきたいと思います。

参考
Coupa
Wikipedia
street insider.com

【当サイトおすすめの証券会社】
マネックス証券(公式サイトへ)
(本格的に米国株をやるならマネックス証券)
DMM.com証券(公式サイトへ)
(アプリひとつで日本株からアメリカ株を取引するならDMM.com証券)
【DMM 株】口座開設

[スポンサードリンク]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket