【銘柄まとめ】サイバーセキュリティのTenable/テナブル(TENB)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

Tenable, Inc./テナブル(TENB)と創業者たち

Tenable, Inc./テナブル(TENB)とは、アメリカ・メリーランド州コロンビアを拠点とするサイバーセキュリティ企業です。

Tenableは2002年に「TenableNetwork Security,Inc./テネブル・ネットワーク・セキュリティー」として設立され、2017年に「Tenable,Inc./テネブル・インク」に社名が改名されました。

Tenableの共同創業者はロン・グラ(Ron Gula)、ジャック・ハファード(Jack Huffard)、ルノー・デレイソン(Renaud Deraison)です。

[スポンサードリンク]

テナブル(TENB)の製品、「Nessus」と「Tenable.io」

テナブル(TENB)の「Nessus」とはIPアドレスの脆弱性評価を始め、構成監査、コンプライアンス評価のツールです。

続いて、「Tenable.io」とは、クラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスすることができます。

料金はサブスクリプションモデルで、年間2,275ドル~3,190ドルなどの価格帯となります。(2020年12月時点)

(参照:Tenable

テナブル(TENB)のIPO上場や買収、競合

テナブル(TENB)の新規株式公開(IPO)は、2018年7月26日に行われ、ナスダック市場へ上場を果たしています。

公開価格は1株あたり20ドルから22ドルの予想範囲できたが、1株あたり23ドルで約1,000万株を売り出し2億5000万ドルを調達しました。

ティッカーシンボルは「TENB」です。

同社の株式は33.00ドルの初値を記録し、初日は30.25ドルで終えました。

これにより、同社の時価総額は30億ドルを上回る規模となりました。

wikipediaによると、2016年にサイバーセキュリティ会社「FlawCheck」を買収しました。
2019年にはイスラエルを拠点とするオペレーショナルテクノロジー企業「IndegyLtd」を7,800万ドル(約80億円)で買収しました。

競合にはファイア・アイ(FEYE) 、クオリス(QLYS)、ラピッド7(RPD)、タニウム、クラウドストライク(CWRD)などががあります。

[スポンサードリンク]

テナブル(TENB)の株価の推移と時価総額

テナブル(TENB)の株価の推移と時価総額
(出典:Google finance)

テナブル(TENB)の株価の推移を見てみると、約30ドルで上場して以来横ばいの状況が続いていました。

しかし2020年12月中旬には一気に50ドル台に急騰しています。

サイバーセキュリティーの重要度が増す中、テナブル(TENB)の動向にも注目していきたいところです。

参考
Tenable
wikipedia
cnbc

【当サイトおすすめの証券会社】
マネックス証券(公式サイトへ)
(本格的に米国株をやるならマネックス証券)
DMM.com証券(公式サイトへ)
(アプリひとつで日本株からアメリカ株を取引するならDMM.com証券)
【DMM 株】口座開設

[スポンサードリンク]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket