ブラックストーン・グループ(BX)とは?世界最大級のPE投資ファンド

ブラックストーン・グループ(BX)とは?世界最大級のPE投資ファンド

LINEで送る
Pocket

投資ファンド、ブラックストーンとは?

ブラックストーン・グループ(ティッカーシンボル:BX)は、カーライル・グループコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と並ぶ、世界3大プライベート・エクイティファンド(PEファンド)のひとつであり、投資ファンド運用会社である。

主に不動産投資とヘッジファンド、オルタナティブ投資ファンド部門、財務アドバイザリー部門の4つの業務を行っていて、プライベート・エクイティ(未公開株投資)では世界最大の企業。

※ちなみに投資ファンドとは、投資信託のことである。
※オルタナティブ投資とは、従来の株式や債権などに加えて、ヘッジファンドや不動産、商品などを扱う投資のことで、その手法も様々である。

同社は2007年にはニューヨーク証券取引所に上場している。

[スポンサードリンク]

ブラックストーンの創業と社名の由来など

ブラックストーンは元リーマン・ブラザーズのピーター・G・ピーターソンとスティーブ・シュワルツマンによって1985年に設立された。

wikipediaによると、ブラックストーンの社名の由来は、スティーブ・シュワルツマンのSchwarzは、ドイツ語で「黒」(ブラック)、ピーター・G・ピーターソンのPeterはギリシャ語で「石」(ストーン)を意味しているという。

本社はニューヨークにあり、支社はアトランタ、ボストン、ロンドン、ハンブルク、パリ、ムンバイ、香港、東京などに構えています。

WSJによると同社の運用資産の金額は、3100億ドル(約37兆円)にも登るといい、年々同社の利益から、運用資産を増やしているといいます。

ブラックストーンはオルタナティブ投資会社と呼ばれており、株や不動産にとどまらず、バイアウト事業などの総合投資会社とも言えそうだ。

[スポンサードリンク]

中国投資有限責任公司(CIC)もブラックストーンへ出資

ロイターによると、中国の政府系ファンドである中国投資有限責任公司(CIC)は、ブラックストーンの2007年の上場時に、非議決権株式を約10%ほど取得した。その後にも12.5%へ買い増しており、アメリカ政府はブラックストーンが保有している軍事や衛星関連の会社の技術が、中国に渡らないか懸念していると言います。

ブラックストーンはそれほどアメリカ政府、中国への影響力を持っているということになる。

WSJによると、ブラックストーンの運用資産3100億ドルの内訳は、クレジットファンド24%、ヘッジファンド21%、不動産30%、残りがプライベート・エクイティとなっているとのこと。

ちなみによく投資管理会社ブラックロック(BlackRock)と混同されがちだが、ブラックロックは、ブラックストーンによって設立された資産運用会社であったが、1995年に売却された別会社となる。

同社の配当利回りは現在での8%と、アメリカ株の銘柄の中でも高水準にあります。

これからも注目です!

【関連記事】
ブラックロック(BLK)という世界最大のヘッジファンド
カーライル・グループ(CG)とは?世界3大PEファンドの一角
コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)とは?世界有数のPE投資ファンド

【参考】
wikipedia
WSJ
ロイター

【アメリカ株に強い証券会社ランキング】
 1位:マネックス証券
 2位:SBI証券
 3位:楽天証券

【参照】
アメリカ株に強い証券会社を徹底比較!マネックス証券が1番な理由!!

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket