ビットコインなどの暗号資産への投資を始めるべきか!?(初心者向け)

[スポンサードリンク]

ビットコインなどの暗号資産への投資はやるべきか!?

すでにビットコインやイーサリアムのような暗号資産(仮想通貨)の事を、ご存知の方も多いと思いますが、株式やFXなどと並び、近年注目の投資対象となっています。

ビットコインなどの仮想通貨は、2017年末から2018年の初めに置きた仮想通貨バブルで注目を集めましたが、最近はビットコインを初め、主要なデジタル通貨では、落ち着いた値動きとなってきており、一歩一歩ですがようやく”投棄”から、”投資”対象として考えられるようになってきています。

それでは振り返りも含めて、暗号資産(仮想通貨)の特徴や投資を検討すべき理由などを見ていきましょう。

【おすすめの仮想通貨取引所】
コインチェック(coincheck)
(取り扱い通貨も豊富で大手のマネックス証券が運営)

コインチェック

暗号資産の特徴、メリット・リスクなど

ビットコインやライトコインは、デジタルゴールド、デジタルシルバーとも呼ばれ、実際の金や銀などと同じで希少性が生まれる仕組みが取り入れられています。

それはステーブルコインと呼ばれる日本円や米ドルなどは、日銀やFRBなどの中央銀行の政策などによってその総量がいくらでも増やせてしまいます。

その結果、インフレが起きやすくなりその通貨の価値はどんどん下がっていくことになります。

逆にビットコインなどの暗号資産の場合、その通貨には管理者はおらず、その通貨の総量が設計の段階から決められています。

円やドルみたいな総量の増加(価値の希薄化)がないために、その価値は下がらないどころか、ステーブルコインなどと比較すると相対的にどんどん価値が高まっていきます。

これが金や銀などの価値が高まってくる仕組みであり、暗号資産(仮想通貨)の未来に期待している人が多い理由の一つとなります。

逆に暗号資産のリスクを言えば、ハッキングによる暗号資産の盗難があります。

こうしたハッキング被害は、過去にも何度か世間を騒がせました。しかしセキュリティーや対策も進んでいる大手証券会社などで取引するなどすることで、それらのリスクは回避することも可能です。

【おすすめの仮想通貨取引所】
コインチェック(coincheck)
(取り扱い通貨も豊富で大手のマネックス証券が運営)

コインチェック

通貨としての価値、決済としての価値、投資対象としての価値

ビットコインを始めとする暗号資産は、グローバル通貨ですので日本でもアメリカでもアフリカでも、通貨決済が可能な場面ではどこでも通貨として利用することが可能です。

価値が希薄化せずに、どんどん利用できる場所が増えていくことで今の資産価値に加えて、利用価値も加わり、価値上昇の一つの要因にもなっていきます。

今後は投資信託やETFなどの承認が加われば、機関投資家の資金も流れ込んでくることになり、投資対象として世界中の投資家からもお金が入ってきます。

このように価値が増大していくことが予想されるために、暗号資産への投資を考えていくタイミングは来ているとも言えます。

【おすすめの仮想通貨取引所】
コインチェック(coincheck)
(取り扱い通貨も豊富で大手のマネックス証券が運営)

コインチェック

暗号資産をポートフォリオに組み入れる

例えば、現金20%、株50%、金や銀20%、暗号資産10%などのように、暗号資産もポートフォリオに組み込んでいくことで、大きく上昇するかもしれない暗号資産への期待を、あなたも享受することが出来るかもしれません。

暗号資産には、主に金のような立ち位置のビットコイン、スマートコントラクト(契約)のイーサリアム、グローバル送金のリップルなどの種類があります。

迷ったらビットコインを保有するのも良いかと思いますし、暗号資産の中でも特徴や強みなどが異なってきますので、色んな種類をポートフォリオに組み込んでも面白いと思います。

グローバルに決済が可能、格安で世界中に送金、株やFXなどのような投資という役割があり、どんどん利用価値はましていきます。

下記の動画は、2017年12月31日のものですが、実際にコンビニでビットコイン決済されています。

【おすすめの仮想通貨取引所】
コインチェック(coincheck)
(取り扱い通貨も豊富で大手のマネックス証券が運営)

コインチェック

投資としてのヘッジの役割を果たす

投資をやっていて、自分の思い通りに動く時もあれば、自分の思い通りに動かない時もあります。

それは初心者でもプロでも同じで、100戦100勝などありえません。

初心者とプロが違うのは、初心者は自分の考えに対して全力でBETすることが多く、プロの場合は自分の考えと違う動きになってもヘッジを掛けていることです。

そうすることで、リスクを分散させることが出来るのです。

初心者が一度の負けで相場の世界から退場してしまうのは、こうしたヘッジを行わない事も、理由の一つかと思います。

その点で、暗号資産という資産を自分のポートフォリオに加えておくことでより良いポートフォリオになるのではないでしょうか。

【おすすめの仮想通貨取引所】
コインチェック(coincheck)
(取り扱い通貨も豊富で大手のマネックス証券が運営)

コインチェック

ヘッジとしての暗号資産(仮想通貨)

投資のプロフェッショナルが考えるのは、主に株式に投資していたとしても、反対の動きをすると言われる鉱物(金・銀・プラチナ)や、トウモロコシや麦などの商品などを自分のポートフォリオに入れてバランスを取り、ヘッジをすることがあります。

そういったポートフォリオに、これからビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)の役割が大きくなって行くことになるでしょう。

ビットコインはデジタル・ゴールドと呼ばれたり、ライトコインはデジタルシルバーと言われたりします。

どんどんブロックチェーン技術が使われていく流れは加速していて、通貨に当たっても利用頻度は上がっていくことが考えられます。

これから実需が生まれていく暗号資産、面白い存在になりそうです。

早く初めることで、良い波が来たときのために備えましょう^^

【おすすめの仮想通貨取引所】
コインチェック(coincheck)
(取り扱い通貨も豊富で大手のマネックス証券が運営)

コインチェック