BladeUrban Air Mobility/ブレード(BLDE)

【銘柄まとめ】「ドローン・タクシー」BladeUrban Air Mobility/ブレード(BLDE)がSPACで上場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

Blade Urban Air Mobility, Inc./ブレード・アーバン・エアー・モビリティ・インク(BLDE)とは?

Blade Urban Air Mobility, Inc./ブレード・アーバン・エアー・モビリティ・インク(BLDE)とは、ニューヨークを拠点とするエアタクシーやそれに付随するサービスを提供している会社です。

2014年に、ワーナーミュージックとソニーの元幹部であるロブヴィーゼンタールによって設立されました。

「ヘリコプターのUBER」と言われており、2025年には無人ドローンでのサービス開始も目指しています。

現在は、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコの大都市圏でヘリコプターによるエアタクシー事業を展開しています。

ブレード(BLDE)が所有しているのは、同ブランドとWEBサービス&アプリ、各拠点のヘリポートラウンジです。

UBERなどの配車アプリと同じで、車やヘリコプターなどのモビリティは所有しておらず、さまざまなオペレーターと契約して、現在でも多数のヘリコプターを運航しています。

これは、現在でもパイロットが自分のヘリコプターを購入し、顧客を運ぶサービスが存在していることを、ブレード(BLDE)は上手く利用しているという訳です。

同社の強みは、モビリティの所有がないことにより固定費が低く抑えられていること、他社に先行して魅力的な場所のヘリポートの確保を進めていることなどが同社の強みと言えそうです。

そして将来的には、テクノロジーの進化により、eVTOL】などの無人ドローンで人を輸送できるようになると、一気にビジネスモデルを進化させることができるようになります。

※【eVTOL】とは「electric Vertical Take-Off and Landing」の略で、「イーブイトール」と読み、「電動垂直離着陸機」やドローンのことを指します。

[スポンサードリンク]

Blade/ブレード(BLDE)の料金やサービス

短距離では、60〜100マイル(96km~160km)のフライトで、主に1席あたり595〜795ドル(または毎月の通勤パス所有者の場合は295ドル)の価格で通勤者にサービスを提供しています。

ブレード空港–ニューヨーク地域のすべての空港とマンハッタンのヘリポートにある専用のブレードラウンジ間のフライトの料金は、1席あたり195ドル(または年間空港パスの購入で1席あたり95ドル)から始まります。

スケジュールされた運航もあれば、独自にチャーターして利用することもできます。

チャーターサービスでは、ヘリコプター、水上飛行機、ターボプロップ、ジェットなどアクセス可能なモビリティを利用して、アメリカ国内や海外などでサービスを受けることができます。

[スポンサードリンク]

Blade/ブレード(BLDE)がSPACを利用してIPOへ

ブレード(BLDE)は、今話題の”空の会社”に買収した企業を合併させる形のSPAC(特別買収目的会社)を利用してナスダック市場に上場することになりました。

プライベートエクイティファームであるKSLキャピタルパートナーズの関連会社が後援する、Experience Investment Corp. / エクスペリエンス・インベストメント・コーポレーション(EXPC)が合併相手です。

Morgan Stanley Equity Researchによると、都市のエアモビリティは2025年までに1,250億ドルの市場になり、今後10年間で6,500億ドルに成長すると予想されています。

この会社の評価価値は約8億2500万ドルです。

KSLキャピタルパートナーズは、空港サービスグル​​ープのロス・アビエーション(Ross Aviation)も所有しており、一部のルートでブレード(BLDE)と提携し、メンテナンスと、最終的には充電ステーションを提供すると述べています。

ブレード(BLDE)は、インドを始めアジアなどの国際的な新しいルートの拡大も目指しています。

今回の上場も含め、これからのブレード(BLDE)の動向に注目していきましょう!

参考
blade
wikipedia
yahoo!finance
NewYorkPost

【当サイトおすすめの証券会社】
マネックス証券(公式サイトへ)
(本格的に米国株をやるならマネックス証券)
DMM.com証券(公式サイトへ)
(アプリひとつで日本株からアメリカ株を取引するならDMM.com証券)
【DMM 株】口座開設

[スポンサードリンク]

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket