PagerDuty/ページャーデューティー(PD)

【銘柄まとめ】クラウドインシデント管理のPagerDuty/ページャーデューティー(PD)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

PagerDuty, Inc./ページャーデューティー・インク(PDとは?

PagerDuty/ページャーデューティー(PD)とは、IT部門向けのインシデント管理などレスポンスプラットフォーム提供するアメリカのクラウドコンピューティング企業です。

そのビジネスモデルはSaaSと呼ばれる、月額制のサブスクリプションモデルです。

2019年4月、PagerDutyはニューヨーク証券取引所に上場し、ティッカーシンボルは【PD】です。

同社は2009年にオンタリオ州トロントでウォータールー大学の卒業生であるAlex Solomon(アレックスソロモン)、Andrew Miklas(アンドリューミクラス)、Baskar Puvanathasan(バスカープヴァナタサン)によって創業されました。

インシデント管理とは、利用者がシステムを正常に利用することを妨げる事象(インシデント)に対応して、これらを取り除いてダウンタイムと停止を減少させ、利用を正常に続行できるようにすることを言います。

PagerDuty/ページャーデューティー(PD)はサンフランシスコに本社を置き、トロント、アトランタ、イギリス、オーストラリアで事業を展開しています。

そのプラットフォームでは、AIによる機械学習や自動化を通じて、中断や機能停止などインシデントが発生した場合に、クライアントに警告するように設計されています。

Slack(スラック)ServiceNow(サービスナウ)、AWS(アマゾンウェブサービス)、Zendesk(ゼンデスク)、Atlassian(アトラシアン)などのアプリケーションとシームレスに統合します。

同社の主な顧客には、GE、ボーダフォン、Box.com、クローバーネットワーク、アメリカンイーグルアウトフィッターズなどを始め12,000もの顧客を獲得しています。

[スポンサードリンク]

PagerDuty/ページャーデューティー(PD)の業績・決算の数字

PagerDuty/ページャーデューティー(PD)の業績・決算の数字
PagerDuty/ページャーデューティー(PD)の業績を見てみると、売上高が順調に伸びていることが分かります。

営業キャッシュフローも間もなく赤字から、黒字転換することが期待できそうです。

先行投資がまだまだ続いているために、純利益は赤字幅が拡大しています。

[スポンサードリンク]

PagerDuty/ページャーデューティー(PDの株価の推移・時価総額

PagerDuty/ページャーデューティー(PD)の株価の推移・時価総額
(出典:Google finance)

PagerDuty/ページャーデューティー(PD)の株価の推移を見てみると、上場した2019年4月から横ばいから下落気味での推移が続いています。

まずは営業キャッシュフローの黒字化を達成させて、株価上昇を狙いたいところでしょう。

参考
PagerDuty
Wikipedia

【当サイトおすすめの証券会社】
マネックス証券(公式サイトへ)
(本格的に米国株をやるならマネックス証券)
DMM.com証券(公式サイトへ)
(アプリひとつで日本株からアメリカ株を取引するならDMM.com証券)
【DMM 株】口座開設

[スポンサードリンク]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket