Vroom:ブイルーム(VRM)のロゴ

【銘柄まとめ】次世代中古車販売のVroom/ブイルーム(VRM)がIPO(上場)へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

Vroom Inc./ブイルーム・インク(VRM)とは?

Vroom Inc./ブイルーム・インク( vroom.com)は2013年8月に創業され、ニューヨークに拠点を置く中古車販売会社です。

オンラインで自動車の購入、販売、融資を可能にしたeコマースを提供しています。

2020年6月9日の上場後のティッカーシンボルは「VRM」となりました。

Vroom(VRM)は、2013年8月にマーシャルチェスローン、ケビンウェストフォール、スコットチェスローンらによって設立されました。

これまでに、Vroom(VRM)は4億4,000万ドルを超える資金をベンチャーキャピタルとプライベートエクイティから調達しています。

現在のVroom(VRM)のCEOのポールヘネシーは、以前はBooking.com(BKNG)やExpedia(エクスペディア)で有名なPriceline.com(プライスライン)のCEOでした。

[スポンサードリンク]

ブイルーム(VRM)が同業のTexas Direct Autoを買収へ

2015年12月にVroomは、同業であるヒューストンに拠点を置く「Texas Direct Auto」を買収しました。

「Vroom」と「Texas Direct Auto」は同じ会社となりましたが、現在でも別ブランドとして運営されています。

合併による効果は的面で、収益性も上昇し、2015年には9億ドルの収益に達したといいます。

サービスとしては、オンラインで保有している愛車を、車の写真や情報を送ることで査定してくれ、価格が気に入れば代金を支払ってくれて、買取を行ってくます。

続いて、中古車を買いたい場合はオンラインで購入できる事に加え、「Vroom」や「Texas Direct Auto」がいくつもの銀行の中から、最適の金利条件の銀行を教えてくれ、中古車の購入を手伝ってくれます

オンラインでの車の購入が怖い人も多いかと思いますが、送料無料で7日間の試乗期間を設けている事に加え、購入時には7日間の返金保証がついており、加えて90日間のバンパー保証が提供されています。

すでにアメリカ全土をカバーし、購入者と売却したユーザーは合わせて25万人以上との事です。

[スポンサードリンク]

ブイルーム(VRM)の業績・決算の数字について

ブイルーム(VRM)の業績・決算の数字について

ブイルーム(VRM)の決算を見てみると、中古車販売というビジネスモデルから、売上高が大きくなる傾向がありますね。

まだまだ拡大期ということで、赤字額が進んでいますね。

今後、黒字化や収穫期は来るのでしょうか。

ブイルーム(VRM)のIPO(上場)と株価・時価総額

Vroom:ブイルーム(VRM)のIPO(上場)と株価

ブイルーム(VRM)はIPOの公募価格22ドルの株価でした。そしてIPO(上場)後の2020年6月9日には、初日の終値47.90ドルの倍以上の株価となり、驚きの117%の株価上昇となりました。

今回の新規株式公開(IPO)により、4億6,750万ドル(約500億円)調達した、と同社は発表しています。

時価総額も表示されるようになれば更新できたらと思います。

そして競合には、「クルマの自販機」で攻勢をかけるCarvanaや他の競合もいるので、アメリカの中古車市場の戦いに注目したいですね!

(参照→「クルマの自販機」中古車販売のCarvana

参考
Wikipedia
LabelOnline

   
[スポンサードリンク]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket