Coursera/コーセラのIPOと上場

【銘柄まとめ】オンライン講義のCoursera/コーセラのIPOは2021年!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

Coursera, Inc./コーセラ・インクとは?

Coursera, Inc./コーセラ・インクとは、スタンフォード大学コンピューターサイエンスの教授であるアンドリュー・ン(Andrew Ng)とダフニー・コラー(Daphne Koller)によって創立された、大規模なオープンオンライン授業(MOOC)を提供している企業です。

世界中の有名大学やその他の企業や政府などの組織と協力し、彼らの大学で行っているコースなどを利用し、無償でオンライン上に提供しアクセスできるようにしている。

Wikipediaによると、2012年11月の時点で196カ国から1,900,241人もの生徒が、一つ以上の授業に登録をしたと言います。

Courseraのコースは約4〜12週間続き、週に1〜2時間のビデオ講義があり、ITなどの専門分野や、学士号や修士号などの学位や認定資格が取れるコース、プロフェッショナルコース、マスタートラックコースなどを提供しています。

【当サイトおすすめの証券会社】
マネックス証券(公式サイトへ)
(本格的に米国株をやるならマネックス証券)
DMM.com証券(公式サイトへ)
(アプリひとつで日本株からアメリカ株を取引するならDMM.com証券)
【DMM 株】口座開設

Coursera, Inc./コーセラ・インクの成り立ち

アンドリュー・ンとダフニー・コラーは2011年秋にオンラインでスタンフォードコースの提供を開始し、2012年2月創立当時にはスタンフォードを離れてすぐにCourseraを立ち上げ、スタンフォード大学、ミシガン大学、プリンストン大学、 ペンシルバニア大学などと提携をしました。

2019年12月の時点で、大学やその他組織のパートナーの総数は29か国で200を超えています。

大学パートナーには、ブラジルのサンパウロ大学、英国のロンドン大学、インドのインドビジネススクール、韓国の延世大学、エール大学、アメリカのイリノイ大学などがあります。

日本からは東京大学が参加しています。

下記にてwikipediaからの引用で、資金調達などファウンディングなどの情報です。

同社に資金提供や投資しているのは、Kleiner Perkins Caufield&ByersとNew Enterprise Associatesの支援を受けて、最初の1,600万ドルの資金調達を行いました。

2013年、世界銀行グループがシリーズBの投資を主導し、総額は6,300万ドルに上りました。

2015年、EDBインベストメンツはシリーズCのベンチャー資金調達ラウンドを主導し、総額は6,000万ドルを超えました。

2017年、同社はシリーズDラウンドの資金調達で既存の投資家から6,400万ドルを調達しました。

2019年、同社はSEEKグループ、Future Fund、NEAからシリーズEラウンドの資金調達で1億300万ドルを調達しました。同社は2019年に10億ドル以上の評価額に達しました。

2020年7月、同社はシリーズFの資金調達で1億3000万ドルを調達し、評価額を25億ドルに更新したと発表しました。

[スポンサードリンク]

Coursera/コーセラのIPO上場日は2021年内!?

見てきたようにCoursera/コーセラでは、大学授業のプラットフォームを世界中で展開しています。

そしてそろそろIPOの噂も流れ出しており、2021年にも上場するのではないかと言われています。

期待しながら、コーセラの動向に注目していきましょう!

参考
Coursera
Wikipedia

【当サイトおすすめの証券会社】
マネックス証券(公式サイトへ)
(本格的に米国株をやるならマネックス証券)
DMM.com証券(公式サイトへ)
(アプリひとつで日本株からアメリカ株を取引するならDMM.com証券)
【DMM 株】口座開設

[スポンサードリンク]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket