アンダーアーマー(アメリカ株投資銘柄)

【銘柄まとめ】アンダーアーマー(UA)、ナイキの脅威となったそのブランドとは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

アンダーアーマーとは!?

アンダーアーマー(Under Armour)は、米スポーツ用品大手の企業です。

同社の売上の約7割超は各スポーツのアパレルウェアで、ランニングや野球、サッカー、バスケットボール、ゴルフなどのウェアを製造・販売しています。

創業者はメリーランド大学のアメリカンフットボール選手であったケビン・プランク氏。

アンダーアーマーは同氏がスポーツウェアを自ら作ったことから始まります。

[スポンサードリンク]

下記にて同社のブランドについて、その誕生について、wikipediaからの引用です。

ブランド名は、「セカンドスキン(第二の皮膚)」のように身体に密着するという特徴的なウェアを、ユニフォームの下(=Under)に着用する「アスリートが戦うための鎧(よろい=Armour)」としたことに由来する。

1996年、メリーランド大学のアメリカンフットボール選手であったケビン・プランク(英語版)が、自らのアスリートとしての経験をもとにコットンTシャツに代る機能的なウェアを開発したいと考え、祖母の家の地下室で商品を開発、設立から10年余りで全米でも指折りの総合スポーツ用品ブランドに成長した。(引用:wikipedia

北米では、ライバルのナイキと勝負できるぐらい成長しましたが、海外展開や企業規模という意味ではナイキにまだまだ及びません。

日本では株式会社ドームが正規のライセンスを取得し、アンダーアーマーの製品を製造販売しております。

2014年12月には、プロ野球チームの読売巨人軍(ジャイアンツ)と5年間のパートナーシップ契約を結ぶことで合意するなど、そのブランド力を強化してきています。

今後は欧州や南米、中国などでいかに成長していくかが鍵になりそうです。

投資家として、株価の上昇を期待するならナイキよりもアンダーアーマーなのかもしれません。

アンダーアーマーの製品はオンラインショップでも購入することが出来ます。

この銘柄にはこれからも注目していきたいと思います。

◯合わせて読みたい
【保存版】無料・英語版「ヤフーファイナンス」の見方・使い方、アメリカ株の単語・意味

 

[スポンサードリンク]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket