シンガポール・テレコム シングテル

シンガポール テレコム / シングテル(シンガポール株投資銘柄)

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

シンガポール・テレコム、通称:シングテル(STEL)は、シンガポールを本拠地とした、中国を除いたアジア地域最大の携帯電話事業を行う通信企業。顧客数は5億人にもせまる規模である。

前CEOはリークアンユー元首相の次男シェンヤン氏で、長男は現首相のシェンロン氏というエリート家族で育つ。(1998年以降、5年連続してアジアでナンバーワンの評価を受ける

現在のCEOはChua Sock Koong氏で、フォーブス誌による「2013年 世界で最も影響力のある女性」の16位にランクインするほど影響力を持つ、会社であり、CEOである。

シンガポール国内の携帯電話シェアは、Singtelが約5割、StarHubが約3割、M1が約2割となっています。

◯シングテルの海外展開

・シングテルはオーストラリアの通信第2位のオプタスの株式を100%保有。
・インド・アフリカでシェア1位のバルティ・エアテルの32%の株式を保有(第2株主)している。
・インドネシアで1位のテレコムセルの35%の株式保有
・タイで1位のAIS(アドバンスト・インフォ・サービス)の23%の株式を保有
・フィリピン2位のグローブテレコム47%の株主
・中国を除く世界全体で4億4000万件の顧客を保有、この1年間で、携帯の顧客件数は4290万件増えた、
・香港のAPTサテライトへ約20%の株式を保有。(同社は衛星軌道上に5基の衛星を保有し、通信・放送サービスを提供する。)

※注意を払っておりますが、情報が最新のものではない可能性がございます。

[スポンサードリンク]

シングテル関連の注目ニュース

18301、シンガポールテレコム、アジア通信市場最大の海外市場シェアを持つ

シングテルは05年には、パングラデシュ、07年にはパキスタンの中堅通信に出資、
シングテルは将来に向け、アジアのデジタル事業を新たな成長エンジンとする考えだ。2016年3月までのデジタル部門への投資資金として20億シンガポールドルを計上し、すでにモバイル広告会社アモビーなどに投資している。(日本経済新聞

シンガポール・テレコム、米モバイル広告企業を買収

日本市場における「シングテル」知名度アップを狙う

シングテルはアジア地域の8割の海底ケーブルに投資しており,回線容量やルート設計など,企業の要望に応じて柔軟に対応できる。世界中で19カ国・地域,37カ所に拠点を展開中で,特にアジアの拠点数は,他国の通信事業者に比べて群を抜いている。シングテルの売上高はシンガポールを除くと1位はダントツでインド。2位は米国,3位が日本で,香港とほぼ同レベルの規模となっている。 インドには複数の拠点がある。(2007,10 ITpro)

シングテルがLTE-Advanced、VoLTEの提供を開始 (ICTグローバルトレンド)

シンガポールではM1が2011年6月に、シングテルが2011年12月に、スターハブが2012年9月にLTEサービスの提供を開始、M1は2012年9月に、シングテルは2013年4月に、スターハブは2013年10月に全国カバレッジを達成している。

シングテル、豪の衛星運営会社を売却へ

オプタス・サテライトを売却する意向

オプタス・サテライトは、シングテルの全額出資子会社オプタス傘下で、オーストラリアの通信業者として唯一、衛星を保有し運営している。衛星保有数は5機で、年内に6機目を打ち上げる計画という。

シングテル子会社、デジタル広告技術の2社を393億円で買収(2014年6月)

通信最大手シングテルは米子会社のアモビーを通じ、米国の広告ソリューション会社アドコニオンとコンテラを計3億8,500万米ドル(約392億7,000万円)で買収する。デジタル広告の領域でワンストップ・プラットフォームの提供を目指す。

リサーチレポート(フィリップキャピタル)

 シンガポール・テレコム(シングテル)の株価 長期チャート

シンガポール・テレコム(シングテル)の株価チャート

出典:SBI証券

売買単位は1000株となっており約40万円から株の購入が可能。

配当利回りは約4%の水準となっています。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。


【シンガポール株に投資するなら「SBI証券」がおすすめ!】
SBI証券への資料請求はこちらから

【参照】
シンガポール 株の買い方・証券会社の比較について

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket