世界の格付け機関のランキング方法

世界の格付け機関とランキング方法

格付け会社とは、企業や金融商品(債権やREITなど)、政府などに記号や数字などの等級を与え、信用格付けを与える企業です。(格付機関、信用格付機関とも言う)

世界で有名な格付会社では、米国系のムーディーズS&P(Standard & Poor’s)、欧米系ではフィッチ・レーティングスなどがあります。

日本国内ではR&I(格付投資情報センター)JCR(日本格付研究所)などがあります。

格付符号と定義(格付けランキング)

格付符号と定義(格付けのランキング)
(出典:R&I)

上記は日本のR&Iが出している格付けのランクとなります。「AAA」を頂点として、最下層は「D」となります。

基本的にはR&Iと同じ表記をしている会社が多く、S&Pや日本のJCRなども同じ格付け符号です。

さらに細分化されていて、「AA」以下では上のランクから順に「AA+」「AA」「AA-」と3段階と分かれています。

しかし実際には、格付けに値いしない企業や債権などもあるため、格付けはされていませんが隠れた「E」や「F」もあるということになります。

ムーディーズのランキング符号

ムーディーズ格付け表グローバル・スケール長期格付とグローバル・スケール短期格付の関連性
(出典:ムーディーズ・ジャパン)

ちなみにムーディーズは「Aaa」を頂点として、大きく順に「Aa1」「Aa2」「Aa3」「A1」「A2」「A3」、「Baa1」「Baa2」「Baa3」というランキングとなります。

左欄のA~Cのランクは長期格付、右欄のPrime1~3については短期格付けの表記方法となります。

投資適格債とハイイールド債・ジャンク債

投資適格債とは、S&PやJCRならBBB以上、ムーディーズならBaa以上を取得した債券の事で、信用力が高く、ローリスク・ローリターンの投資商品のこと。

一方、投資適格債の格付けに満たないランクの債権は、S&PやJCRならBB以下、ムーディーズならBa以下に格付けされたのことを投機的格付債(ハイイールド債・ジャンク債)と呼び、ハイリスク・ハイリターンとなっています。

J-REIT(リート)と日銀の買付

日本の株式市場に上場しているJ-REIT銘柄は、JCR(日本格付研究所)や、R&I(格付投資情報センター)やなどによって格付けされています。

特にJCRの格付けを公表している会社が多いように見受けられます。

ちなみに日銀のJ-REITの買付対象銘柄は下記となります。買付ルールの一つでは、まずリート(不動産投資信託)であって、「AA格」相当以上のもので、信用力 その他に問題のないもの。とされています。

 

日銀のJ-REIT大量保有銘柄一覧(2018年11月30日時点)

  • 阪急阪神リート [旧:阪急リート]
  • 日本プロロジスリート
  • 大和ハウス・レジデンシャル
  • 積水ハウス・レジデンシャル
  • GLP
  • アクティビア・プロパティーズ
  • プレミア野村不動産
  • マスターファンドジャパンエクセレント
  • 福岡リート
  • 日本プライムリアルティ
  • ユナイテッド・アーバン
  • 日本ロジスティクスファンド
  • オリックス不動産
  • アドバンス・レジデンス
  • 産業ファンド
  • 日本アコモデーションファンド
  • 東急リアル・エステート
  • ジャパンリアルエステイト
  • 日本ビルファンド
    (出典:一般財団法人土地総合研究所)

日銀のETFやJ-REITの買付について詳しく知りたい方はこちらへ
(→日銀、J-REITの買付ルールと買付銘柄について

  

[スポンサードリンク]