ユナイテッド・トラクターズ (インドネシア株投資銘柄)

ユナイテッド・トラクターズ(UNTR)の基本情報(インドネシア株投資・銘柄)

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

ユナイテッド・トラクターズ(UNTR)は、同国屈指のアストラ財閥の中心企業アストラ・インターナショナルの子会社で、重機の販売ではインドネシア最大手企業。

もともと1972年にコマツのインドネシア独占販売代理店として設立され、主にコマツ製品の重機販売やリース、組み立て、採掘請負いサービス、採鉱を手がけている。

コマツ製品の台数ベースの市場シェアは4割を超しており、2位のキャタピラーの倍ほどのシェアを持つという。

インドネシアにおけるコマツ製建機の販売台数と市場シェア

出典:MORNINGSTAR

コマツ製重機のほかにも、日産ディーゼル、Scania、Bomag、Valmet、タダノなどの製品も取り扱いがあり、国内の主要産業セクターである採鉱、農業関連産業、林業、マテリアルハンドリング、運輸業までを行っている。

子会社である国内最大手の採炭請負会社Pamapersada Nusantaraを通して採掘請負も行う。

現在の売上高の構成も重機販売と資源関連ビジネスがほぼ半分ずつというユナイテッド・トラクターズ、中国を始め海外展開も視野に入れているという。

インドネシアの石炭生産量は3億トンを超える規模ということもあり、重機の販売も好調だ。

そもそもインドネシアで建機がこれほど売れているのはなぜか。最大の理由は石炭生産の順調な拡大だ。同国の11年石炭生産量は3億4,000万トンで、前年から15%増加した。過去平均では毎年9-10%伸びている。スティアワン氏によると、石炭の採掘では中小型の機器に比べて最大5倍の価格帯の大型建機が投入されるうえ、5年に一度買い替える必要があるため、大きな収益源となっている。
(略)
同社の成長を支えるもう1つの柱が、昨年売上の4割を占めた採掘請負事業。アダロ・エナジーなどインドネシアを代表する石炭会社と契約を結び、生産した石炭の量に応じて手数料を得る。通常100万トンの石炭を採掘するには7倍の700万トンの表土を取り除く必要があり、その除去分も手数料としてユナイテッドに転がり込む。11年の石炭生産量は前年比11%増、表土除去量は同22%増で、同事業における売上ベースでの市場シェアは41%と業界をリードしている。
(略)
ユナイテッド・トラクターズの業績に与える3つの影響
最初はコモディティ価格の影響で、特に石炭と、プランテーション(大農場)向け建機の販売を左右するパームオイル粗油の価格が重要とした。2つ目は政策金利。同金利が現在5.75%と過去最低水準にあることは顧客が低利のローンで建機を購入できるため追い風だ。最後に、顧客の借り入れ需要に対して銀行が十分な流動性を持つかも大事だという。(引用:MORNINGSTAR

[スポンサードリンク]

ユナイテッド・トラクターズの株価推移 長期チャート

ユナイテッド・トラクターズの株価推移 長期チャート

出典:SBI証券

決算月は12月、売買単位は100株となっており、2万円ほどから株の購入が可能。

配当利回りは3%を超える水準となっています。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。


【インドネシア株に投資するなら「SBI証券」がおすすめ!】
SBI証券への資料請求はこちらから

【参照】
インドネシア 株の買い方・証券会社の比較について

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket