ハビットレストラン(アメリカ株投資銘柄)

ハビット、チポトレ、ゾーイズキッチンという新しい外食の波(アメリカ株投資 銘柄紹介)

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

日本で異物混入事件が多発する中、マクドナルドを始め食品業界が揺れています。それとは別に、世界的に”食と健康”に対する意識の高まり、ファーストフード離れが起きているのも事実です。

日本でも、より新鮮で健康的なハンバーガー屋も順調に伸びてきており、フレッシュネス・バーガーやモスバーガーなどが人気で、マクドナルドから客が流れているとも言われています。

そんな流れは日本だけではありません。

世界トップクラスのハンバーガー市場であり、マクドナルド発祥の地”アメリカ”でも同じ動きが加速しています。より深刻な肥満や病気などを抱えている同国の国民の関心は健康へと移っているのです。

そんな中、業績を伸ばしているのが「ハビット・レストランツ」というバーガーグリルレストラン、「チポトレ・メキシカン・グリル」と呼ばれるメキシコ流のファーストフードチェーン、地中海料理のレストランチェーンの「ゾーイズ・キッチン」などです。

それらの外食チェーンで共通しているのが、より美味しく、より新鮮に、より健康的にといった方向であることです。

従来のマクドナルドのより安く、効率的に、自動化して、という経営とは真逆とも言えそうです。

皮肉にも「チポトレ・メキシカン・グリル」はマクドナルドの子会社でしたが、マクドナルドは2006年に同社の株を手放すという、”時代に逆行する決断”をしたとも言えるでしょう。

実際チポトレは順調に業績を伸ばしているのに対し、マクドナルドの業績、株価は順調とはいえない状況です。

それでは各社のブランドや特徴を見ていきましょう。

[スポンサードリンク]

ザ・ハビット・バーガー・グリル(ハビット・レストランツ社)

ハビットレストランツ社(アメリカ株投資銘柄)

出典:The Habit Restaurants

ハビット・バーガー・グリルの特徴は、作りおきをせずに注文が入ってから作り出すということ。出てくるまでに時間がかかるが、その分美味しい。ハンバーガー、サラダ、サンドイッチ、シェイク、フライドポテトに焦点を当てているファストカジュアルチェーン。

「チポトレ・メキシカン・グリル」 (Chipotle Mexican Grill, Inc.)

チポトレ・メキシカン・グリル(アメリカ株投資銘柄)

出典:Chipotle Mexican Grill

チポトレ・メキシカン・グリルはメキシコ料理のファーストフードレストラン。 全米を始め、英国、カナダ、ドイツ、フランスなどで事業を展開しており、1500店舗を超える店舗数を誇る。

チポトレの特徴は、新鮮で健康的な素材にこだわっているということ。注文時には素材を指で指しながら、自分オリジナルなブリーとやタコスを作ってくれるというもの。下記の動画からはそのブランドイメージが伝わってくるだろう。

ゾーイズ・キッチン(Zoes Kitchen)

ゾーイズ・キッチン(アメリカ株投資銘柄)

出典:Zoes Kitchen

ゾーイズ・キッチンは地中海料理のレストランを展開しており、その特徴とは防腐剤や添加物なしの食材にこだわったメニューから、健康意識が高く高収入な女性にとても人気で、2014年期では115店舗をアメリカ南西部を中心に展開されています。

参考
ゾーイズ・キッチン(ZOES)とは?アメリカ株投資の注目会社

 アメリカの景気は好調、その流れは続く

アメリカの景気は好調ということもあり、少々値段が高くなっても、より美味しいもの、より健康的なものという需要は高まってくることが予想されます。

その流れは「ザ・ハビット・バーガー・グリル」「チポトレ・メキシカン・グリル」「ゾーイズ・キッチン」には追い風となりそうです。

それぞれ上場している企業ですから、日本からでも株を購入することが出来ます。

ティッカーシンボルは
・ハビット・レストランツ社 (HABT)
・チポトレ・メキシカン・グリル (CMG)
・ゾーイズ・キッチン(ZOES)

【アメリカ株に強い証券会社ランキング】
 1位:マネックス証券
 2位:SBI証券
 3位:楽天証券

【参照】
アメリカ株に強い証券会社を徹底比較!マネックス証券が1番な理由!!

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket