チャルーン・ポーカパン・フーズ(タイ株投資)

チャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)の基本情報(タイ株投資・入門)

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

チャルーン・ポーカパン・フーズはタイ最大財閥であるコングロマリット、「CPグループ」の子会社の食品部門で、1987年にSET市場(タイ証券取引所)に上場した食品・飼料の生産会社です。

SET上場企業では他にCPオール、トゥルー・コーポレーション(TRUE)が同財閥のグループ企業です。

同社のビジョンは「世界のキッチン」です。

主な製品は、鶏肉・豚肉・エビ・魚・卵・家鴨肉、加工冷凍食品など。アジア、中国の他、中東、ヨーロッパ、北米において牧畜、養殖、飼料工場、食品加工製造工場を展開しています。

タイ食品業界の最大手で「EUの食品安全基準」に適合した安全性の高い食品を生産しているのが特徴で、タイでセブン-イレブンを展開する、グループ企業のCPオールに製品を供給するだけでなく、日本のセブンイレブンにも製品を輸出する。高い安全性にも定評があり、国内外で信頼が高い。

チャルーン・ポーカパン・フーズはロシア、トルコ、英国、インド、台湾、フィリピン、マレーシアなラオスど世界12カ国で事業展開している。

加えてスーパーや外食事業なども展開あり。

[スポンサードリンク]

チャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)の株価推移(10年分)

チャルーン・ポーカパン・フーズの株価(CPF)

出典:SBI証券

決算月は12月、売買単位は100株となっており約1万円から株の購入が可能。

配当利回りは約2%の水準となっています。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

【こちらもCPグループの注目企業】
チャルーン・ポーカパン・インドネシア(CPIN)の基本情報


【タイ株に投資するなら「SBI証券」がおすすめ!】
SBI証券への資料請求はこちらから

【参照】
タイ 株の買い方・証券会社の比較について

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket