ジャサ・マルガ インドネシア株投資 ロゴ

ジャサ・マルガ(JSMR)の基本情報(インドネシア株投資・入門)

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

ジャサ・マルガとは1978年に設立され本社はジャカルタにある企業で、2007年からはジャカルタ証券市場には上場され、株式の7割はインドネシア政府が保有している、国有企業です。(2004 年10 月に民営化)

主な事業内容は道路計画事業、道路開発、高速道路、道路管理事業。

13の高速道路を運営し、総延長545キロに及ぶ有料道路の、計画・開発・管理に加え、有料道路にある施設の運営の事業を行っている。

インドネシアのジャカルタなど都市圏での渋滞は世界的に有名となるほどで、自動車販売台数が年々増えているため、同国における高速道路の必要性は増している。

ジャサ・マルガは以下の4社の子会社を抱えている。

・PT Jalantol Lingkarluar Jakarta
・PT Marga Sarana Jabar
・PT Trans Marga Jateng
・PT Marga Trans Nusantara

同社は、その子会社の分も含めると、インドネシアに存在する有料道路の73%を保有しています。

高速道路以外にも不動産レンタル、不動産開発、広告事業、道路建設事業、輸送事業などを展開しています。

簡単な試算ですが、インドネシア人は一人当たりで日本人の10分の一ほどしか車を保有しておらず、その伸びしろはまだまだ大きいものと考えられます。

(参考:アストラ・インターナショナルの基本情報より)

高速道路は一度作ってしまえば、後は管理、修復などの経費でまかなえるため、そのビジネスモデルは堅実と言えそうです。渋滞からくる高速道路ニーズにはますます期待できそうです。

ジャサ・マルガの注目ニュース

NEXCO西日本初の海外有料道路管理会社との技術交流協定(2010年5月)

ジャサ・マルガ、海上高速道路建設計画でスマラン―スラバヤ間を優先(2014年4月)

インドネシアの道路事業、西日本高速が参入を検討 (2014年5月)

インドネシアのジャサマルガ、テレコムニカシと共同で光ファイバー網建設へ(2014年10月)

[スポンサードリンク]

ジャサ・マルガの株価推移(約6年分)

ジャサ・マルガ インドネシア株投資 株価

出典:SBI証券

決算月は12月、売買単位は500株となっており、3万円台から株の購入が可能。

配当利回りは約1%ほどの水準となっています。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。


【インドネシア株に投資するなら「SBI証券」がおすすめ!】
SBI証券への資料請求はこちらから

【参照】
インドネシア 株の買い方・証券会社の比較について

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket