プレシジョン・キャストパーツ(PCP)バフェットのバークシャーも保有の宇宙航空業・合成金属企業

プレシジョン・キャストパーツ(PCP)バフェットのバークシャーも保有の宇宙航空業・合成金属企業

LINEで送る
Pocket

プレシジョン・キャストパーツ(ティッカーシンボル:PCP)は、1949年に設立された宇宙の航空事業に強いグローバルな合成金属企業です。(3月決算)

プレシジョン・キャストパーツは航空機用の金属鋳造製品、ガスタービン用の鍛造品、本体フレームやエンジン、着陸用ギアなどに使用される産業用特殊ネジを製造し、超合金、留め金具、ファスナーシステムなどを提供し、他にもシームレス鋼管、特殊合金、グラインダポンプ、重要な補助装置、金属加工ツールも手掛けています。

この企業には、あのウォーレン・バフェット率いる、バークシャー・ハサウェイもポートフォリオに組み入れていることで同社の注目度は更に高まっています。

しかしプレシジョン・キャストパーツへの投資の決定を行っているのは、ウォーレン・バフェットではなく、主に投資責任者のテッド・ウェシュラー、トッド・コームの両者だそうです。

ちなみにバフェットが担当しているのは、バークシャー・ハサウェイのポートフォリオの中で所有割合が多いウェルズ・ファーゴやコカ・コーラなど主要企業の持ち株変更などだけだと言います。

宇宙産業はこれから発展を見せることが期待できるので、プレシジョン・キャストパーツの成長も期待できそうです。

注目です!

【アメリカ株に強い証券会社ランキング】
 1位:マネックス証券
 2位:SBI証券
 3位:楽天証券

【参照】
アメリカ株に強い証券会社を徹底比較!マネックス証券が1番な理由!!

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket