ドローン大手Parrot(パロット)社の決算、1年で6倍増と快進撃!

ドローン大手Parrot(パロット)社の決算、1年で6倍増と快進撃!

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

Parrot(パロット)社の決算と、今後のドローン市場について

Techcrunchによると、Parrot(パロット)社の決算は、2015年第一四半期でドローンの売上が急増し、前年同期比では売上額で356%の増(約4.5倍)となり、消費者向けドローンだけでは483%の増(約6倍)となったと伝えている。加えて農業用のParrot eBee Agなどプロ向けのドローンは、164%の売上増(約2.5倍)を達成。

最近は世界最大のドローン会社のDJIに話題をさらわれていたが、今回のParrot(パロット)社の決算は、すごい伸びを達成し、同社の意地を見た気がする。

それにしても消費者用・事業者用を含め、ドローン市場の拡大は凄まじいものがある。一時期のゴープロのスポーツカメラの伸びもすごかったが、このドローンはそれをはるかに上回るだろう。

しかし懸念としては、首相官邸のドローン侵入事件などドローンによる問題がたびたびニュースに出てくるようになり、今後出されるであろう各国政府による規制がどうなるかに注目が集まる。

この規制がどうなるかで、今後のドローン市場が大きく左右されることになる。それほど大きなイノベーション、テクノロジーであることも事実だ。

今後もDJIとParrot(パロット)社との戦い、各国政府のドローンへの対応など注目していきたい。

【参考記事】
Techcrunch

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket