テスラ・モーターズ、「モデルS」の中古車販売を開始へ!

テスラ・モーターズ、「モデルS」の中古車販売を開始へ!

LINEで送る
Pocket

WSJによるとテスラ・モーターズは、自社の電気自動車である「モデルS」の中古車販売を自社のWEBサイトで開始したといいます。

テスラの「モデルS」とは、2012年に発売された2世代目のセダンタイプの高級自動車です。

【参考】テスラの電気自動車のモデルの歴史
・2008年【第一世代】”ロードスター”超高級スポーツカー
・2012年【第二世代】”モデルSセダンタイプの高級車
・2017年?【第三世代】”モデル3”大衆車

この「モデルS」の中古車であれば、まだ3年ほどしか経っていません。

その中古車を、メーカーによる整備と信頼性のチェックを入れたあとで販売します。

この認定中古車については、4年間または5万マイルの制限付きの保証を提供するとしており、中古車という選択肢が加わることで、テスラの高級車を割安で購入することができるようになり、今まで手が届かなかった顧客にもリーチできるようになります。

テスラにとっても大きな収入源となることになるでしょう。

WSJによると、中古車販売はテスラにとって新規顧客を獲得し、残余価値の安定化を図り、新たな収入源を確保する上で重要だとしています。

[スポンサードリンク]

続々とテスラのビジョンが現実化している

イーロン・マスク率いるテスラ・モーターズのビジョンが続々と現実化しています。

先日テスラはバッテリーシリーズを発表・販売を開始し、家庭用、店舗やオフィス用、大規模バッテリー工場など3タイプを揃えています。

もちろんテスラ・モーターズの電気自動車でも利用できますし、自動車、電気、持続可能エネルギーなどテスラの事業領域内でのピースが揃いつつあります。

今後一番の見所は2017年に発表される予定の第3世代の電気自動車です。

これはテスラが高級路線から、新モデルを発売するたびに価格帯を落とすという戦略の最終モデルとなります。

この第3世代のモデルは大衆車となっており、この大衆車が受け入れられるかがテスラ・モーターズにとっての一番の正念場となるでしょう。

そのための外堀を固めるという意味での中古車販売の開始、バッテリーシリーズの販売開始と、着々と計画を進めているのがわかります。

これからもテスラ・モーターズには注目です。

【参考】
米テスラ、中古車のネット販売を開始(WSJ)

【関連記事】
イーロン・マスク「21世紀の自動車王」となるか!?テスラ・モーターズの挑戦
テスラ・モーターズは排出権取引で儲けている!?
テスラがバッテリーシリーズを発表!「Powerwall」「Powerpack」「GIGAFACTORY 1」

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket