テスラがバッテリーシリーズを発表!「Powerwall」「Powerpack」「GIGAFACTORY 1」

テスラがバッテリーシリーズを発表!「Powerwall」「Powerpack」「GIGAFACTORY 1」

LINEで送る
Pocket

テスラ・モーターズは4月30日、自社が掲げる化石燃料依存をゼロにするという「Tesra Energy」構想の元、同社ブランドのバッテリー製品を3つ発表しました。

そのシリーズとは、家庭用の「Powerwall」、店舗やオフィスなどのビジネスシーンで利用できる「Powerpack」、工場のような大規模バッテリーの「GIGAFACTORY 1」の3種類です。

[スポンサードリンク]

「Powerwall」という家庭用の壁掛けバッテリー

「Powerwall」という家庭用の壁掛けバッテリー

「Powerwall」は、7kWhと10kWhの2タイプ。家庭用電力をソーラーパネルから蓄電し、供給できるバッテリー。

すでにオンラインストアで購入予約ができると言い、「Powerwall」の値段は3,000ドル(約36万円)と3,500ドル(約42万円)。カラーも選べて、初めての出荷は夏の終わり頃だと言います。(日本での発売も計画中とのこと)

この「Powerwall」の特徴は、ライバル商品より低価格であること。(他社製品だと100万円を超える商品も…)

そして壁掛けスタイルなので、設置できる場所を選ばないこと。

最後に、最も革新性を感じさせるのがソーラーパネルとこのバッテリー「Powerwall」があればそれだけで十分なことです。

それは電線やその工事などの必要がなく、先進国を始め、現在電気を使った生活ができていない後進国と呼ばれる人々にまで自然エネルギーの自給自足を手助けしてくれる可能性があることです。

テスラ・モーターズは持続可能エネルギーにおいても、”エネルギー革命の旗手”といった感じです。

[スポンサードリンク]

「Powerpack」は店舗やオフィスビルなどビジネス用途のバッテリー

「Powerpack」は店舗やオフィスビルなどの用途のバッテリー

「Powerpack」は店舗やオフィス用のバッテリーで容量は1GWh。1つ目に紹介した「Powerwall」の約10万倍の容量を誇っており、ビジネスシーンで利用できます。

※参考
・k(キロ)は1,000倍
・G(ギガ)は1,000,000,000倍

この発表会の電力も、この「Powerpack」のバッテリーで全て賄っていたといいます。さすがバッテリー発表会という試み。

そして驚く試算が披露されました。

それはこの「Powerpack」が1億6000万個あればアメリカ中の電力がまかなえてしまい、9億個あれば全世界の電力がまかなえてしまうというのです。

また20億個あれば、移動や暖房などを含めたあらゆるエネルギーを代替できるというもの…すごい!

「GIGAFACTORY 1」工場のような大規模バッテリー

テスラの「ギガファクトリー」とバッテリー事業について

そして最後のバッテリーは、以前このサイトでも紹介した「ギガファクトリー」です。

まるで次世代工場のような外観の「ギガファクトリー」は2017年稼働を目指し、建設中だといいます。

この大規模バッテリー工場が稼働すればどんなことが起きるのか、今から楽しみです。

[参照記事→テスラの「ギガファクトリー」とバッテリー事業について

これからもテスラの動向には目が離せません。

下記は今回のバッテリー発表会の映像です。

【関連記事】
ソーラーシティー (SCTY)太陽光発電 イーロン・マスクのもうひとつの野望
イーロン・マスク「21世紀の自動車王」となるか!?テスラ・モーターズの挑戦

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket