Qi(チィ)という、スマホなどのワイヤレス給電(チャージャー)の業界規格について

Qi(チィ)という、スマホなどのワイヤレス給電(チャージャー)の業界規格について

LINEで送る
Pocket

Qi(チィ)とは?

Qi(チィ)とは、2008年12月17日設立のワイヤレスパワーコンソーシアムが策定した、ワイヤレス給電の国際標準規格です。

今後普及が見込まれており、スマホやスマートウォッチなどのモバイル端末をワイヤレスで充電できる、ありそうでなかった技術。

今までのスマホの充電では、端末ごとの差込口の形状や大きさにより、それぞれのコードしか使えませんでした。

しかしQi(チィ)の技術を使えば、採用されているモバイル端末であれば、どの端末でも使用することが出来、充電が大変便利になります。

[スポンサードリンク]

一部のスターバックスの店舗や、IKEAなどの家具や照明に標準で搭載されているモノが出てきたり、着々と普及が進んでいます。

最近では車のカップホルダーの近くのスマートフォン置きにもQi(チィ)のワイヤレス・チャージャーが搭載されるなどしています。

Qi(チィ)の運営に責任を持つ正会員には、ノキア、マイクロソフト、サムスン、パナソニック、ベライゾン、東芝など最大で25企業が名を連ねています。

このワイヤレス・チャージャーの分野でソリューションを提供している企業の中での優位性がある企業として、インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDTI)があります。

ワイヤレス・チャージャーが、今後どのような普及を見せるのか、大注目です。

参考:wikipedia

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket