ブルーボトルコーヒー2号店は"青山"!旗艦店として勝負

ブルーボトルコーヒー2号店は”青山”!旗艦店として勝負

LINEで送る
Pocket

2015年2月、お祭り騒ぎのように、日本進出を果たしたブルーボトルコーヒー。

その初日には2~4時間待ちの行列ができるなど、大盛況の中のスタートとなった。

1号店は江東区の清澄白河という閑静な所に「清澄白河ロースタリー&カフェ」としてオープンしたが、今月7日には2号店となる東京・青山店をオープンする。

青山の店舗は旗艦店となる模様で、カフェスペースを70席ほど用意し、清澄白河の8席に比べかなり多くなっている。

それでも流行に敏感な人達が集まる青山だけに、しばらくは落ち着いてコーヒーを飲めそうにない。

創業者であるジェームス・フリーマン氏は3月5日の会見で、「最高のコーヒーを最高のバリスタで提供するシンプルなサービスを極めたい」と語った。

加えてフリーマン氏は「私たちは新しい店舗を出すごとに成長しなくてはならない。よりよいコーヒーを出していく」と語った。

3号店には東京・代官山に出店する計画があるという。

参考:産経新聞

参照
“ブルーボトルコーヒー”とは!?アメリカ株注目会社
ブルーボトルコーヒーの株式は上場(IPO)の可能性はあるのか!?

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket