ハッキング犯罪の増加、サイバーアークはセキュリティーの救世主になれるのか!?

ハッキング犯罪の増加、サイバーアークはセキュリティーの救世主になれるのか!?

LINEで送る
Pocket

近年ハッキング犯罪は増加の一途をたどっています。

ハッカーは安価にハッキングツールを入手し、簡単にハッキング攻撃ができる状況にあります。

コストやリスクは小さく、大きな影響や成果を挙げることができるハッカー攻撃、ますます増えています。

しかし守る企業や組織にとっては、どこからどんな攻撃が来るかわからずに、セキュリティー予算を大きめに組む必要があり、苦労が絶えません。

そんなサイバー犯罪による被害は、2014年だけでもたくさんありました。

[スポンサードリンク]

ハッキング被害の一例

一例を挙げてみると、7月には、欧州中央銀行(ECB)のシステムがハッキングされ、個人データが流出。

10月には、金融機関であるJPモルガンがハッキング被害にあい、2ヶ月も銀行のサーバーにハッカーたちが潜り込んでいたと言います。

11月には、ソニーが北朝鮮をテーマにしたコメディ映画『The Interview』に関する重要な電子メールが流出してしまう。

以上のように、ハッカーたちの攻撃に大手企業でも防げていない状況が浮き彫りになっています。

2013年に起きたアメリカの小売チェーン・Targetのサイバー攻撃による被害は、1.1億件のデータ漏洩や、10億ドル(1200億円)と言われる被害総額、それ以上の株価の下落が起きてしまい、経営幹部たちの辞職にまでつながってしまいました。

日本では2014年8月にベネッセが被害を受け、情報流出により約3000万人の個人情報が流出、情報漏えいに伴う費用一人500円分の図書カードなど合計260億円以上を計上。しかし未だに被害者たちは納得しておらず、まだまだ被害総額は増えてしまうかも知れません。

信用失墜による長期的な業績の悪化も考えられる…。

[スポンサードリンク]

サイバーセキュリティーの救世主、サイバーアークはハッカーたちに勝てるのか!?

攻める立場にあるハッカー達の絶対的優位の状況は変わらない。

しかし守るほうも、手をこまねいているわけにはいかない。

そんな中で、イスラエルの企業である、サイバーセキュリティー企業のサイバーアークに注目が集まっています。

サイバーアークはトップクラスのセキュリティー対策技術を持っており、業績拡大が続き、企業がこぞってサイバーアークに集まってきているのだ。

被害にあってからでは遅い。敵が分からず、いつ来るのかも分からず、被害が出る前に対策を取らなければならない。

インターネットの”負の側面”が垣間みえてくる。

情報時代において、情報を守るのは非常に難しくなっています。

参考:サイバーアーク・ソフトウェア(CYBR)セキュリティの最後の砦!?

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket