車の未来について

アップルやグーグルなどが参入すると、車の未来はどうなるんだろう。

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

Googleが自動運転を開発しているのは、周知の事実です。

すでに人が運転するよりも安全で確実という噂がでるほど。

もし自動運転が普及すれば、今の世界の何が変わってしまうんだろう。

次に、アップルはパソコンにおけるMacOS、スマホにおけるiOS、という端末における”脳”にあたる部分である”CarPlay”というシステムをすでに車向けに発表しています。

これは車にiPadみたいな端末を取り付け、あらゆる操作をこのアップル流のカーナビで行おうというもの。

例えば電話したり、音楽をかけたり、マップで行き先を設定したり。これからますますできることが増え便利になっていく。

車から、スマートカーという電化製品へ!?

スマートフォンが収益の柱であるのは変わらないが、グーグルとアップルの興味は体に身につけるウェアラブルデバイスに移り、スマートカー分野へと移ってきています。

この先、車自体が電気自動車になるとすれば、それは車というよりも電化製品となり、スマホの延長線上のデバイスとも言え、アップルやグーグルの主戦場へと向かっていくことになる。

今まで車社会を引っ張ってきた、トヨタやホンダなどの従来の車会社はどうなっていくのだろう。

[スポンサードリンク]

電気自動車、自動運転、配車アプリという完璧な組み合わせ

車が電気自動車に変わり、自動運転がドライバーを不要な存在に変え、どこかに移動したいときには配車サービスのアプリでタクシーなどを呼ぶ。

そうすると私達は車を所有する必要がなくなってしまう可能性が高い。

車を購入して、駐車場を借り、保険を払い、維持費を払い、ガソリンを入れる。

そんなコストがかかる方法よりも、乗りたい時に配車サービスで自動運転のタクシーをLINEタクシーやUBERなどのアプリで車を呼び移動する。

もちろんドライバーが必要ない分、タクシー料金は安くなり気軽に乗れるようにもなる。

車を所有するよりも財布に優しくなるのだ。

そして利便性もあがるし、人が運転するよりも安全となれば、デメリットはなくてメリットしかなくなるのではないか。

そこで困るのは、タクシー業界を始め、車所有で税金を上げてきた政府もそうだし自動車の保険会社もそう、駐車場会社もそうだ。

人々が車を所有しなければ各種の税金は取れないし、保険会社も必要なくなる。

流しタクシーで十分なので駐車場も必要なくなる。

これではますますアップルやグーグルなどのハイテク会社だけが、利益を上げる世界に向かっていくことになる。

しかしこの流れは必然としか言えず、例え政府でも止めることは難しいだろう。

これは妄想に過ぎないが、だんだん現実味を帯びてきているのも現実だ。

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket