Easy Taxi(イージータクシー)とHalio(ヘイロー)タクシー配車アプリ

Easy Taxi(イージータクシー)とHalio(ヘイロー)タクシー配車アプリ

LINEで送る
Pocket

[スポンサードリンク]

「easy taxi(イージータクシー)」とは、ブラジル発のタクシー配車アプリで、南米を中心にアフリカ、中東、アジアなど20カ国以上で展開しているサービスです。

ドイツのベンチャーキャピタル(VC)ロケットインターネットを中心とした投資家から25万ドルを調達している。

世界20カ国での展開に加え、iOS、Android、BlackBerryアプリ、サムスンアプリ、ウィンドウズフォンにも幅広く対応している。

中南米
ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ベネズエラ、ボリビア、メキシコ

アフリカ・中東
ナイジェリア、エジプト、サウジアラビア、パキスタンなど

アジア
香港、台湾、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ

Easy Taxiの注目ニュース

Tencent(騰訊)が運営する、インターネット・メッセージ・サービスの WeChat(微信)がタクシー配車アプリを運営するEasyTaxiと提携し、ユーザが WeChat から直接タクシーを手配できるサービスを提供すると最近発表した。両社はまず試験的なプログラムをシンガポールでローンチし、その後 WeChat および Easy Taxi が参入可能な市場で段階的にサービスを展開する。(thebridge

[スポンサードリンク]

イギリス発のタクシー配車アプリHailo(ヘイロー)

Hailo(ヘイロー)イギリス発のタクシー配車アプリ

ヘイロー・ネットワーク・ホールディングスはタクシー配車アプリとして、設立以来、フェイスブック、ツイッター、スカイプなどに投資してきた複数の著名ベンチャー・キャピタルや、ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン氏などの大物投資家から出資を受けています。

ちなみに同アプリは2012年に、英国アップルストアでベストアプリ賞を受賞しました。

配車手数料は無料のHailo(ヘイロー)はKDDIとの資本提携による全面的な支援により、大阪、2015年には東京でのサービスと、日本でも拡大させています。

大阪では「北港梅田ハイタク事業協同組合」、「有限会社オール大阪交通」「仲川交通株式会社」「ナニワ交通株式会社」などのタクシー会社と提携し、サービスを開始しています。

サービス地域
イギリス(ロンドン、マンチェスター、リバプール、リーズ)、アイルランド、スペイン(マドリッド、バルセロナ)、シンガポール、日本(大阪、東京)、アメリカ(トロント、ボストン、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ)

タクシー配車サービスの今後

世界で乱立するタクシー配車アプリの中で、勢いのあるのが、「Uber」ですが、国々によって強い弱いはいろいろな状況です。今後どの会社が主導権を握るのか、国により何社かがシェア争いをするのか、とても楽しみな分野です。

【関連記事】
ソフトバンク「対Uberウーバー 配車サービス」に相次ぐ出資へ!
Lyftにアリババが出資、LyftはUberのアメリカでの最大のライバル!そして…!
中国のタクシー配車アプリ戦争!!「ディディ打車」と「快的打車」の戦い

[スポンサードリンク]

LINEで送る
Pocket